FC2ブログ
 
■プロフィール

院長

Author:院長
愛媛県松山市「野村歯科」のブログです

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

お盆休み
8月13日~15日はお盆のため休診させていただきます。
17日からは通常通り診療したします。
よろしくお願い致します。

スポンサーサイト



日々の出来事 | 07:38:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
ピアノコンクール
次男が小1から続けていること、、ピアノです。
幼稚園でピアノの授業を受けて、自分から習いたいと言い出したピアノ。
すぐに飽きて辞めてしまうと思っていたのですが、中1になった今でも続けています。
そんな彼が毎年受けているコンクールがあります。
例年は松山で予選、広島で中四国大会、静岡で全国大会という流れなのですが、今年は中四国大会がコロナのため録音審査(動画)に変更になりました。
なんとかそれをパスして夏に全国大会というところだったのですが、コロナが収まらず、開催方法も、大きなホールでの演奏→小スペースで無観客での開催、と変遷し、最後は録音審査で決着しました。
全員同条件の1発勝負でないのはどうかとも思いましたが、この時期に県外に移動するのも危険ですのでこれで良かったと思います。
次男ですが、学校再開後は平日放課後、塾、野球塾、ピアノレッスン、土日はグラウンドで野球でくたくたになりながらすき間時間を使って曲をマスターすべく頑張りました!
(コロナで休校の間時間いっぱいあったやん・・と言われそうですが、その時は家が仮住まいでピアノがなかったんですよね~~完全に言い訳です
そしてなんとか先週動画を撮り終えました。
動画を見て思ったのですが、うちの子今野球で5厘の坊主頭にしてるんですそれがスポットライトに照らされて光ること光ること(笑)頭に目が行って演奏が耳に入りません
画像は次男が怒りそうなので載せませんが。
今日審査が行われているはずです。朝からちょっとそわそわしています。
努力が報われるといいのですが。

野村泰慎



日々の出来事 | 11:57:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
新人
今週から受付兼歯科助手として新しいスタッフが加わりました
まずは先輩の仕事を見ながら当院のシステムを覚えてもらいます。
「学ぶ」の基本は「まねる」こと。
そのために素直な気持ちで先輩のいいところをどんどん吸収していってほしいと思います。

野村泰慎

スタッフ | 09:52:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
草刈り
次男が中学生になり、硬式野球チームに入りました。
コロナの影響でなかなか練習できなかったのですが、やっと練習ができるようになってきました。
毎週グラウンドで泥だらけになっています。
野球を通じて色々なことを学んでくれればと、思います。

私はというと、

IMG_1421.jpg

そんな姿を遠目に見ながらせっせと草刈りのお手伝いをしています
これから夏本番、雑草との戦いは当分続きそうです
息子より先に音を上げないように頑張ります!

野村泰慎

日々の出来事 | 18:59:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
自然災害
次男の期末テストの勉強を横から覗くと、ちょうどケッペンの気候分類のところをしていました。

気候を気温と降水量で分類したものです。
私たちが中学で習ったことと変わってないんですね。

日本は温暖湿潤気候です。
四季があって、梅雨があって、、、、と書いてありますが先週起こった自然災害はどうなっているのでしょうか。

私たちが中学の頃とはもうだいぶ変わってきているのかもしれません。
毎年異常気象と言ってますが、これがあたりまえのようになってくるのかと。

愛媛も、大雨というより熱帯のスコールのようで地形を変えそうなほどのどしゃぶりでした。

九州は瓦屋根が多いのを見てわかるように台風の通り道になりがちです。
17も活火山がありますし、あの阿蘇のカルデラを見ると過去にどれだけ巨大な噴火が起きたのかがわかります。地震災害もありましたし。
梅雨に入ったら豪雨、土砂災害、河川氾濫、、、毎年繰り返されています。

九州に限ったことではないですが、今回はコロナのおかげで災害ボランティアも派遣されにくい状況です。
ニュースを見るたびに被害の大きさに胸が痛みます。

全力で復旧に努められていることと思います。
災害で被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。野村咲子
                                                    

未分類 | 14:46:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ