FC2ブログ
 
■プロフィール

院長

Author:院長
愛媛県松山市「野村歯科」のブログです

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

オールセラミックによる前歯治療
お久しぶりです。
今回は真面目に前歯のかぶせの治療についてお話します。
前歯をかぶせる治療は大きく分けて、保険治療と保険のきかない自費治療があります。
保険治療は、費用があまりかからないというメリットがありますが、細かい色合わせが出来ない、時間が経つと変色してしまう、金属を使用するなどのデメリットもあります。
前歯をより自然に、美しい状態を保ちたいという場合はオールセラミックによる治療(保険外)をお勧めします。
DSC_1499-1.jpg
DSC_1501-1.jpg

また、前歯を全体的にきれいにしたい、歯の色が気になる、という場合もセラミックによる治療やホワイトニングを組み合わせることで審美的に仕上げることが出来ます。
DSC_1285-1.jpg
DSC_1899-1.jpg

今年も精進して皆さんに満足してもらえる治療を行っていきたいと思います。

野村泰慎


スポンサーサイト



歯科臨床 | 18:35:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
ピアノさん
昨日のブログで予告したとおり、今日の朝は目覚ましかけずに大寝坊してみました。

ところで、次男のピアノ熱はあいかわらず続いていて毎日ヒマさえあればひいています。
一週間後のレッスン日までに3~4曲仕上げるまでひたすらひく・・しかもかなり楽しそうに

主人の姉が幼いころ買ったものなのでもうこのうちに来て45年。
30年以上だれからもひいてもらえなかったちょっとかわいそうなピアノだったのですが、うちの長男がピアノを習い始めてから一回調律してもらって・・・

今日ひさしぶりにまた調律していただきました。
一か所「ミ」と「ファ」の鍵盤がおしたらあがらない・・・もう古いからだめなんかな・・・なんて思ってたら・・・

調律師の方が中をあけて一言。
「シールがつめこんであります・・・・。」

次男のしわざでした

でも、4時間以上かけて調律してもらい、サビをおとしてもらい、ワックスをかけてもらい、もうみちがえるほど若返ったピアノに感激
ここまで時間をかけてお手入れしてもらうとほんとに急に存在感を増しました。

考えてみると、うちの家族よりもずっと長くこの家にいた大先輩です。家具のようだった「ピアノ」がようやく大事にされる時がきて主人の両親も喜んでくれました。

しかし、調律する仕事ってすごいですね。神業でした。

今も次男がさっそくピアノをひいてます。音が高くなってきれいです

野村咲子



歯科臨床 | 15:51:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
口腔内カメラ
日々、患者さんの口腔内を記録するために使っている口腔内カメラですが、今使っているD70もかなりくたびれてきたので新しいのを買っちゃいました。

と言いながら、カメラにはあまり詳しくないのでお世話になっている金子一芳先生のブログを参考にさせていただきました。

金子先生の教え「記憶より記録」をモットーにこれからも精進します。

CIMG0889.jpg

野村泰慎

歯科臨床 | 23:10:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
ダイレクトボンディング
土曜日は1時間ばかり診療した後、福岡に行きダイレクトボンディングの講習を受けてきました。

ダイレクトボンディングとは簡単に言うと歯に詰める白い詰め物の治療のことです。

講師はその世界では有名な高橋登先生です。歯科雑誌などで見る高橋先生のケースは非常に美しく、以前からセミナーを受けてみたかったのですがいつも満席で今回やっと受講することができました

CIMG0822.jpg

今回は実習コースなので先生のレクチャーを受けながら、1日半でさまざまなケースにトライしました。

たとえば、こんなケース。

CIMG0825-1.jpg

詰め物をするとこんな感じ。

CIMG0830-2.jpg

きちんと診査をして、さまざまなテクニックを使い細かい処置を行えば、自分の歯と見分けがつかないくらいに詰めることができます。しかしながらこのような治療は保険で認められていない材料を使いますし非常に時間もかかるので自費診療となります。でも歯をたくさん削ることなく審美を回復できることは素晴らしいことだと思います。

患者さんに喜んでもらえるようにもっとスキルアップしたいと思います。


野村泰慎


歯科臨床 | 23:07:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
軌道にのりつつ・・・?
今日は、ひさびさに午後お休みをいただいています。

?。

野村歯科の外来はもともと午後お休みなのにどうしてかって?

通院が困難なかたから『自宅にきてもらえないか・・・』とお願いされることがふえてきました。
今、お昼休みや土曜日の午後、外来の診療のあいまに何軒か訪問歯科診療をしています。

はじめはなるべく持っていくものをコンパクトにすることから四苦八苦し・・・自動で背もたれがたおれる歯科専用のイスのないところでどうやって・・・・なんて頭でっかちで考えてましたが。

『ものすごく感謝される』

この一言につきます。昼休みがあったのは一週間のうちたった一日だけ・・・。というような生活で、タウリン3000がはいったドリンク剤を夫婦で飲みほす日々ですが・・・

『こんなとこまで来てもらって・・・』

と、どなたからも「ありがとう」を何十回もいわれる毎日で私はかなり癒されたりしています

あちこちのグループホームにうかがってお口の中の健康相談会をしたりもしてます。
いろんなところに出入りしてると、『ここのグループホームはちゃんと口腔ケアされてるな・・』とか、『ここは歯科の協力医がいるのに皆さん入れ歯をぜんぜん使ってない・・』とか・・・。

いろいろ勉強にもなります。

ある女性の方のことです。
30年以上使った入れ歯があわないとのこと。
入れ歯があってないので食事に時間がかかり、いつも食べ終わるのがおそいのが苦痛になってデイサービスに行かなくなりました。
できるだけ土曜日や空いた時間で、歯型をとって急いで入れ歯を作り終えたのが昨日。

『明日デイサービスでみんなに見せるわ』ってすごくうれしそうに昨日言われました。


野村歯科の診療室とはまた違ったやりがいを感じています。

いいわけですがブログの更新がなかなかできないのも「きょうも新聞読みつつ寝てしまったんだろうな」とどうかお許ししください。野村咲子

歯科臨床 | 16:34:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ