FC2ブログ
 
■プロフィール

院長

Author:院長
愛媛県松山市「野村歯科」のブログです

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

わ~い
今日は長男の14歳の誕生日。
朝「おめでとう~」といいつつおくりだしましたよ。
どこへって?

主人の姉のいる茨城へ。

主人の母と次女のお姉さんがうちの子2人をつれて長女さんのいる茨城へ旅行にいってくれました。

今週次男は溶連菌感染症になり39℃近く熱が出て、一回飛行機をキャンセルしたものの・・・
小児科の先生が昨日「これは茨城に行けますよ!」って。

あわてて飛行機を今日とりなおし、行っちゃいました。
我が家はし~んとして寂しい・・・・なんて感じでもなくゆっくり静かな時間をかみしめて満喫しております。

部屋がちらからない・・・大声をださなくていい・・・
しかも、お風呂がにごらない・・・

いままでの生活はフツウーでなかったのか・・・と、またきづいてしまった今日。

とりあえずは夫婦でドコモへいきスマホに変えた方がいいかゆっくり相談し・・・ゆっくり説明をうけて頭大混乱し・・・・
けど、子供に「はやく○○しなさい!」って叫ばなくていい生活って・・・・
脳みそが煮えたぎらずに一日すごすってこんなにゆっくり時間がすぎるんですね。
まあ、これが何日もすぎると寂しくなってくるのでしょうか・・・・
私よりも主人のほうが、もうそんな感じがただよってるのかも。お風呂にいつも男3人ではいってますしね。
背中が「ちょっとさびしい・・・」っていっております。

野村咲子





スポンサーサイト



未分類 | 21:57:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
有言実行
土日で広島へいってきました。二週間前は講演会で。
今回は次男のピアノのコンクールで。

秋にあった四国大会を無事通過し、今回は中四国大会でした。
昨年は残念ながらここで通過できず、次男はかなりくやしい思いをして、ひたすら
「今度は全国大会へ行きたい」
といいつづけてきました。

だからといって、血のにじむような練習を・・・なんてことはなく私に「ピアノやめたら?」と冷たくつきはなされつつも
先生にはなんとか楽しくついていき・・・・

今回なんと一番上の「最優秀賞」で全国大会の切符を手にしました。

主人も土曜の診療後に広島にかけつけ、私の両親も大阪へのお墓参りの途中で広島に途中下車し、みなで結果発表を聞きました。
賞は下から発表されるので早くに名前を呼ばれるってことはつまり、全国大会にはいけないってこと。

まだかまだか・・・でもまだ名前が呼ばれませんように・・・・・・を祈りつつ・・・・
まさかの最優秀賞まできて・・・・ついに!!

7月に静岡の浜松市で全国大会があります。
静岡いったことないです。ほかの全国大会に行った方から「すごいホールだよ」とか「うなぎおいしいよ」とは聞いてますが。

けど、あの緊張感ただよう空間でミスなく弾ききるって、子供ってすごいな。
私だったら絶対いやだわ。主人も耐えられんと言ってましたが。

習い始めて2年たちますが、何度かコンクールをくりかえしすうち緊張しなくなってくるらしい(本人いわく)。
そんなもんかな。

ビデオで結果発表を撮影してる私が、うちの子の名前がよばれたときの「ワア~!」という絶叫がビデオに残ってました。
取り乱してしまった。
けど、同時に「静岡に行くっていくらかかるんだ・・・・?」

しょうがない。
次男よ。心配はいらない。がんばれ。野村咲子





未分類 | 21:45:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
・・・
先週の水曜日に我が家の愛犬タロウが死んでしまいました。
その日は午後7時までの診療日で、8時くらいにタロウのご飯を急いでつくって主人と次男に
「ご飯あげてきて!」
っていつものように頼んだら5分後、次男が

「タロウが死んでる!!!」

って。
いつかは来るとは思ってましたが、やはりショックでしたね。
次の日も診療日・・・・・このままにしておくわけにもいかない・・・・

どうしよう・・・・

急いでしたのはペット葬儀場をさがすこと。

昭和の人間なんで、タウンページをあわててめくり(ネットなんて余計、時間がかかる感じ)。

火葬の手配・・・涙もひっこむような現実的な話・・・
「やすらぎコース35000円でよろしいですか?」
みたいな。

でもその事務的な感じがまた有難いような感じで。

結論は、次の日にはお骨になって我が家にもどってきました。

お骨をいれるキーホルダーなんてのもあるそうですが、我が家では「なんじゃそれ?」

だって、タロウがゆっくりやすめるところに埋めて、ときどきそこを通りすがればいいんじゃないかと。

タロウは、昼寝したまま心臓がとまってしまったみたいで、目もつぶってほんとに寝てるみたいな顔だったのがほんとによかった。
犬を飼って、家族みんなで育てて死ぬまで面倒みてあげられて、ほんとによかったです。野村咲子




未分類 | 21:31:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
お芋
定期健診にきてくださっている方、Mさんから家庭菜園でとれたさつまいもをいただきました。
料理の仕方もいっしょに教えていただいて、お口の中を見るまで10分ほど世間話。
ご主人も私の担当の患者さんでいつも、私の体調とかも心配してくれる方です。
私がいつも「仕事してると、もう家事はテキトーです。」って話をしてるからか、レンジでチンするだけでいい調理の仕方とか教えてもらいました。

日曜日に広島でうけた山本先生のセミナーで
「10年定期健診にきてくださった第一号の患者さんがどんなにうれしかったか・・・」
「長期症例(定期健診でずっとお口の中をケアしていける患者さん)をもってください」
という話をされました。

患者さんの心に寄り添っていくと、きづいたら10年たつということなのでしょうか・・・。
尊敬する山本先生の話は、患者さんの「顔」を大事にする・・・口の中だけでなくその患者さんの人となりを見る・・・ということでした。

目の前にいる患者さんが自分の家族でも、同じ治療内容を提案するか・・・

「うちの子だったらもう少し矯正治療は様子をみます」
って私は、はっきり言うようにしています。自分の子にしない治療を患者さんにするのはおかしいしな・・・と思うからです。

まあ、逆もあります。「うちの家族だったら治療すると思います。」とも言います。
患者さんへの言葉についても広島のセミナーで学びました。マネしてみましたがカミカミです。はやく自分の言葉でスラスラ言えるようになりたいものです。
あと、スタッフとのプチ旅行、楽しかったです。うちの両親に福岡からきてもらってうちの子らを預けて行けたおかげでもありますが。野村咲子





未分類 | 21:29:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
みんなでお勉強
今日は、野村歯科のスタッフみんなで講習会に行ってきました。

場所が広島だったので、ちょっと早起きしましたがなんとか開始に間に合いました。

講師は、ペリオで有名な豊中市開業の山本浩正先生です。

以前山本先生のコースを受講した妻の勧めもあり、今回スタッフ全員で受講することにしました。

CIMG1896.jpg

超人気の先生ですので200人入るホールがいっぱいで、隣りにサテライト会場も用意されていました。

歯周病を治療し、メインテナンスを継続することで歯の寿命は3倍伸びると言われています。

患者さんに永くメインテンスに通ってもらうために我々はどうするべきなのか?

学ぶことがたくさんありました

明日からの仕事に生かしていきたいと思います。

CIMG1900.jpg

野村泰慎

日々の出来事 | 22:12:50 | トラックバック(0) | コメント(0)